年頭のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。

平成31年の輝かしい新春を迎え、謹んで新年のお慶びを申し上げます。新たな希望を胸に穏やかな新年をお迎えになられたことと存じます。会員の皆様には、当所の諸事業に対しまして、日頃より一方ならぬご支援・ご協力を賜り厚くお礼申し上げます。

昨年は、全国各地において地震・台風・豪雨などの被害が頻発しましたが、日本経済は安定政権のもと、総じて緩やかな回復基調が続きました。ただ、我が国は、人手不足・働き方改革・生産性向上・事業承継等の現下の課題克服に加え、人口動態が指し示す“縮小する日本”に対する国民の将来不安を解消することが懸案となっております。

このような中、『人口急減と超高齢化の加速化』という構造的課題は、生産活動の停滞や消費支出の減退といった経済活動のみならず、地域コミュニティの機能喪失をもたらし、企業の人手不足は全国的に深刻化しており、中小企業の最大の経営課題となっております。人手不足への対応としては、生産性向上と共に働き方改革による人材の確保・定着が求められ、その柱は身の丈に合ったITの活用が必要不可欠であります。

一方では、『地方疲弊の深刻化』という現実に直面しています。地域経済の基盤であり、地域活力の牽引役である中小企業を取り巻く経営環境は益々厳しさを増しております。加えて、経営者の高齢化や後継者不足により中小企業の廃業数は増加を続けており「中小企業の活力強化と地方創生」においては、円滑な事業承継による企業の存続と新たな創業は地域活力と活性化に繋がる極めて重要な課題です。

本年は、天皇陛下の退位・皇太子殿下の即位に伴う様々な儀式や元号の改元など歴史的な節目の年となります。又、10 月には消費税増税と軽減税率制度の導入により事業者にとっては経理処理等の新たな負担が発生することが予想され対応が急がれます。

年頭にあたり所感の一端を申し上げましたが、商工会議所の存在意義と具体的にどう行動すべきかを改めて考えて参りたいと思います。経営支援は、商工会議所活動の「1丁目1番地」でございますが、あらゆる企業のライフステージ〔創業・成長・発展・承継〕に応じた経営課題の解決に向けて、経営者に寄り添いながら裾野の広い支援事業を通じ経営力の向上と体質強化を図り企業の持続的発展に努め、地域資源を活用した農商工連携・観光振興・海外展開など域外需要の獲得に取り組み、変化の波を新たな成長へと繋げ『地域社会に貢献する総合経済団体』として、会員企業並びにふるさと鹿屋のために各関係機関との連携を図り、更なる“大隅地域の経済的自立と地域活性化”をめざして最善の努力を尽くす所存でございます。

商工会議所は地域商工業者を会員とする団体であり、会員数と結束力がその源泉です。会員の皆様の声を結集して諸事業を推進して参りたいと考えておりますので、本年もより一層のご指導・ご鞭撻を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

結びに、今春には「平成」が終わり新しい時代の幕開けとなります。新しい年が会員の皆様にとりまして、輝きと飛躍に満ちた年となりますことを心よりお祈り申し上げまして、年頭のごあいさつとさせて戴きます。

鹿屋商工会議所 会頭 坪水徳郎

ページトップへ