平成27年度事業報告並びに一般会計/特別会計収支決算を承認



▲第114回通常議員総会

 

「第114回通常議員総会」を開催

平成28年5月27日(金)当所において、「第114回通常総会」が開催され、平成27年度事業報告並びに一般会計/特別会計収支決算が承認されました。

 

平成27年度総括的概要

 平成27年度は、戦後70年の節目を迎え戦争の悲惨さと平和の尊さが改めて語られ、1億総活躍社会の実現と地方の生き残りをかけた「地方版総合戦略」が全国で策定される中、我が国経済は、中国をはじめ新興国の景気減速等もあり、輸出や設備投資に力強さを欠きながらも燃料価格の下落、需給ギャップ及び所得・雇用環境の改善を受けて、全体として緩やかな回復途上にあると云われましたが、大手企業が堅調に収益を改善させる中、地域経済や中小企業・小規模事業者においては、個人消費の回復の遅れや深刻な人手不足等により景況感の好転を実感するに至らず、依然として厳しい経営環境でありました。

 又、合併10周年を迎えた鹿屋市では、在日米軍再編に伴う空中給油機KC−130の鹿屋基地への訓練移転が決まり、基幹産業である農林水産業への影響が懸念される環太平洋パートナーシップ協定は参加12カ国が署名、今後の対策や対応が急務となりました。

 このような状況の中、地域総合経済団体である本商工会議所は、鹿児島県や鹿屋市をはじめ、日本商工会議所・九州商工会議所連合会・鹿児島県商工会議所連合会・大隅経済地域開発推進協議会及び関係機関・関係団体等との緊密な連携のもと、活力ある地域経済社会の実現をめざし、地域中小企業の育成支援・地域活性化に鋭意取り組みました。

 政策提言・要望活動に関しては、東九州自動車道も「鹿屋串良〜曽於弥五郎」間の供用開始以来、着実に利用者も増加しストック効果も現れており、今後は「鹿屋串良〜志布志」間の早期完成及び日南市までの早期整備を最重要路線と位置づけ、併せて地域集積圏を形成するネットワーク道路として、大隅縦貫道・国道504号の整備促進や錦江湾横断道路の建設促進等、大隅地域の一体的浮揚と快適で利便性の高い生活や経営環境の実現のため、高規格幹線道路及び地域主要道路の整備促進、道路特定財源の確保、地方財源の充実等の産業・都市基盤の社会資本整備に向けて、各関係機関が官民一体となり関係中央省庁及び地方局、西日本高速道路鞄凾ヨ精力的に要望活動を行いました。

 地域活性化とまちづくりに関しては、エアメモ・夏祭り・ばら祭り等の実施、各商店街や通り会が主催する地域イベントへの協賛、「リナシティかのや」を核とする中央地区商店街の賑わいづくりの起爆剤としてオープンした、市民協働型ショップ『KITADA SARUGGA(キタダサルッガ)』など諸事業を積極的に支援しました。又、商店街グルメbP決定戦Show−1グルメグランプリでの『かんぱちdeリゾット』のグランプリ獲得には市民一体となった応援があり、地域密着型プロサイクリングチーム『CIEL BLEU 鹿屋』の結成は小さなまちからの大きな挑戦であり、今後の地域活性化に一石を投じました。

 地場産業振興に関しては、会員企業の販路開拓・販売促進及び受注機会の確保に努めると共に、出展企業42社・流通大手のバイヤー41名の参加による『第6回まるごと“おおすみ”アグリ・フード商談会』や当所青年部主催の“地元農商工業者と地域の方々との架け橋づくり”を目的とした『第6回かのや産業フェスタ』を地元業者87社の参加のもと開催。又、大隅加工技術研究センターの利活用や企業間連携・情報技術(IT)の活用による大隅地域の強みである1次産業を基軸とする新たなビジネスモデルの構築に加え、地場産品の輸出拡大に向けた海外事業展開のための情報収集に着手しました。

 中小企業対策に関しては、改正小規模支援法に基づく「経営発達支援計画」の認定に向け、商工会議所の本来業務である経営支援や会員サービスにおいて、企業に寄り添った支援体制の確立をめざし、経営支援の担い手である経営指導員の会員事業所総訪問による巡回指導等の強化と経営改善普及事業の推進を図り、現場の生の声を聞く徹底した「現場主義」による対応で、円滑な資金調達・消費税転嫁対策・経営改善計画作成支援など、企業が抱える経営課題の解決を図り企業が抱える経営課題の解決に向けたあらゆる経営相談に対して、企業目線に立ったきめ細かな伴走型の支援体制で経営力の向上と体質強化に努めました。加えて、創業・経営革新・農商工連携・6次産業化等の新事業展開に際し企業が直面する課題の解決には、中小企業支援ネットワーク事業や専門家派遣制度を活用してより高度な支援を行いました。又、人材確保と安定的な雇用に繋げるため、若年求職者等の人材育成と就労支援を行なうジョブ・カード事業等の実施により、管内中小企業の経営支援に積極的に努めました。


ページトップへ

 

平成27年度収支決算総括表

 PDFをダウンロード