平成29年度消費税軽減税率対策窓ロ相談等事業
経営力強化セミナー

消費税率引き上げに今から備える!
補助金・助成金活用のポイント

(複数税率対応レジ導入や受発注システム改修に補助金・助成金が活用できます!)

 平成31年10月に消費税率は10%に引き上げられ、軽減税率制度が導入される予定です。本制度の導入に伴い、事業所では制度の理解複数税率に対応したレジ導入・受発注システムの改修など様々な対応が求められます。これに対し、国では現在、軽減税率制度導入に備えるための「補助金・助成金」施策を打ち出しております。

 「本セミナーでは、「補助金・助成金」の獲得支援実績が豊富である講師より、「補助金・助成金」を給付する側・もらう側の双方に携わってきた経験を踏まえ、補助金の活用方法、申請書を作成する際の手順やポイントについて実例を交えながらお話しいただきます。

 そして、「補助金・助成金」を上手に活用して会社の"経営力"(事業を継続・発展させていく力)をさらに高めて頂くことを目指します。

 

セミナーカリキュラム
[1]「補助金・助成金」の基礎知識
   1.「補助金・助成金」情報はどのように入手するのか

[2]軽減税率導入の経緯と概要説明
   1.飲食料品を販売していなくても対応が必要!?
   2.請求書の記載内容はどのように変わるのか

[3]軽減税率に伴う国の支援補助
   1.小売段階の支援:複数税率対応レジ導入等
   2.流通段階の支援:受発注シスデム改修等

[4]"経営力"を高める「補助金・助成金」の使い方
   1.5年後、どのような会社になっていたいか
   2."経営力"の基本は「○○○○」

[5]今日から始める申請準備
   1.売上の仕組みを「○○」「○○」「○○○○○」で表す
   2.選ばれる申請書が必ず押さえているポイントとは

 

講師
合同会社PDCAデザイン代表社員
中小企業診断士 櫃間 霞(ひつまかすみ)
 

【プロフィール】
慶応義塾大学文学部人間関係学科卒業。マスコミ業界やコンサルティング業界を経て、平成22年に中小企業診断士として開業。これまでに、小規模企業から東証一部上場企業まで550社の対面コンサルディング実績がある。

経済産業省の補助金事務局専門家として100社を超える補助金額を確定する監査に携わっており、その経験から中小企業経営者や創業者を対象に補助金活用等について、個別コンサルティングおよび講演活動を行っている。

 

 

開催要項
日時 平成29年12月19日(火) 14:00〜16:00
場所 鹿屋商工会議所 会議室
定員 40名(定員になり次第締め切ります)
受講料 無料(会員・非会員の方問いません)
申込方法 下記お申込用紙に必要事項をご記入のうえ
FAXもしくは電話にてお申込みください。

お申込み用紙(PDF)

お問合せ・申込先 鹿屋商工会議所 中小企業振興部
TEL 0994-42-3135
FAX 0994-40-3015

ページトップへ